池袋、新宿、歌舞伎町、新橋、渋谷、上野、六本木など東京のキャバクラのキャバ嬢としてのお仕事、なんだか出勤するのがだるいなあという気分になるときもありますよね。もっと進むと、辞めたいという気持ちまで生まれてくる場合もあります。そんなときの気持ちの切り替え方、リフレッシュ方法を紹介します。

だるい理由はいくつかある
まず、なぜだるいと感じてしまうのかについては、いくつかの原因が考えられます。例えば、「東京のキャバクラ店までの通勤が遠い」「キャバ嬢としての仕事がつまらない」「先輩キャバ嬢との関係が良くない」「シフトに入りすぎて疲れている」「発熱や二日酔いでしんどい」などがあります。体調については風邪の可能性もありますが、そうではない場合、多くは精神的に負担に感じていることがだるさの原因になっている可能性もあります。
自分のだるさの原因は何だろう?と少し考えてみてください。

シフトのタイミングを変えてみる
東京キャバクラのキャバ嬢としての環境に飽きてだるさを感じている場合、いつも入ってるシフトの曜日、時間を変えてみることをおすすめします。普段と違う曜日、時間帯で働くと、同じ時間帯で働く同僚のメンバー構成が変わったり、お客様もいつもと違う感じになるでしょう。
だるいという気持ちは、疲れている場合の他に、いつもと変わらないものが続いていて飽きていることも原因として考えられますから、環境を変えてみることで、フレッシュな気持ちになることができます。