ちょっと天然だったり、どこか抜けているような東京キャバクラのキャバ嬢は、男性には可愛らしくも見えるものです。

でも、それが行きすぎて「頭が悪そう」だと思われてしまうと、引かれてしまう可能性の方が高いでしょう。

今回は、男性に「頭が悪そう」と思われてしまう東京キャバクラのキャバ嬢の特徴を紹介します。

1.「会話」が成立しない
「会話をしていても、話が全く噛み合わなかったり、言ってることを理解してもらえないと、頭が悪そうに見えてしまいます。コミュニケーションも取りにくくなっちゃいますしね」(26歳/東京新宿歌舞伎町のキャバクラ店に通う男性)

話がなかなか進まなかったり、話していることを理解してもらえないと、そもそも会話として成立しなくなってしまいます。
そして、そんな風になってしまうことが多いと、男性はイラッとして、話す気すらなくなってしまうかも。
一緒にいても楽しくないですし、疲れてしまうだけなので、話しかけられる機会も減ってきてしまうでしょう。
2.「TPO」をわきまえることができない
「大人の一般常識が守れない東京キャバクラのキャバ嬢は、一緒にいるとこっちまで恥ずかしい思いをすることになる。そんな東京キャバクラのキャバ嬢のことを、彼女にしたいだなんて絶対に思えないですね」(27歳/東京新宿歌舞伎町のキャバクラ店に通う男性)

TPOをわきまえることができない人は、周囲の人たちから「頭が悪い」と思われてしまう典型的なタイプです。
特に、公共の場で恥ずかしい行動を取るような東京キャバクラのキャバ嬢は、男性も一緒にいたいとは思ってくれないはず。
その場所に合った言動ができないと、周囲に迷惑をかけてしまう可能性もあるので、なおさら男性は一緒にいるのが嫌になるでしょうね。