男の為の、キャバクラ黒服ボーイ情報

◆ キャバクラの裏の支配者、黒服・ボーイ
夜の仕事、といえばキャバクラですが、そこにはキャバクラ嬢を大きく支える黒服・ボーイという存在がいます。
キャバクラの中でキャバ嬢がキャスト(出演者)なら、黒服・ボーイは出演者兼、監督兼、制作者。
黒服・ボーイの活躍なくしてキャバクラは成り立ちません。
ただのキャバ嬢の使いっぱしり、なんてイメージもありますが、実際は逆。
キャバ嬢をコントロールする管理者なんです。
そんなキャバクラの黒服・ボーイになり、夜の業界を支配するには・・・
◆ キャバクラの黒服・ボーイ、夜の仕事初心者の方へ
キャバクラの黒服・ボーイとして夜の仕事を始めてする方へ、キャバクラは想像しているよりずっと大規模なビジネスです。
表上では夜にしか目立たない小さな一つのキャバクラ店ですが、その内容は昼の会社の一つのお店とは大違い。
売上の額、お客様の層、キャストや従業員のパワー、
正直言って、キャバクラに来るお客様側ではなく、キャバクラの場所で稼ぐキャスト側ではなく、キャバクラを経営する運営側はとても大変です。
ですが、それだけ実になるものも多い仕事です。
◆ 世の美女達を扱う
間違いなく、世の中の美女はキャバクラに集まります。
キャバクラ業界に詳しくない方は、「所詮キャバ嬢は派手なだけでしょ?」なんて思う方もいるかもしれませんが、そのキャバ嬢になるにはなかなか厳しいルックス審査があるんです。
中には芸能事務所・モデル事務所に所属している女性もゴロゴロいますし、キャバ嬢出身の芸能人も実は多くいます。
そんな世の美女を扱う仕事はキャバクラの黒服・ボーイくらいです。
そして女性の扱い方、女性の心の扱い方を知れば、その後のビジネスに間違いなくプラスとなります。
◆ 世のビジネスマン・富裕層たちを扱う
キャバクラに来るお客様は基本的にお金を持った人達です。
サラリーマンだとしても、経営者だとしても、忘年会シーズンなどを除いて普段キャバクラに来ているお客様は普通以上にお金を持った人ばかりです。
そんな普通以上のお客様と関わり、そして心理を考えていく仕事は、昼職では経営者や営業部長くらいですが、キャバクラの黒服・ボーイではそれが成り立ての従業員の立場から出来ます。
黒服・ボーイ成り立ての従業員が、1週間で富裕層のお客様たちと知り合いに、なんて事もおかしくありません。
勿論その男性心理の読み取り力、そしてそれらお客様との繋がりは、無駄にはなりません。
◆ 人間力を養う
キャバクラは商品(キャスト)もお客様も従業員も全て人間という、人を扱う仕事です。
そこには昼の業界と比べて、少々気難しい性格に、普通以上のお金を手にした男女が集まります。
言うならそんな男女を扱うキャバクラの黒服・ボーイは、人材ビジネスのプロです。
そこには手先の器用さではなく、人間力、人間管理力のみが必要とされます。
不器用で物作りが苦手でも、口下手で商品営業が苦手でも、学歴が無く特別な資格が無くても、人として信用されて使って貰えたり、信頼されて頼られれば、誰でも働く事ができ、高収入を得れます。

ページの先頭へ