─── キャバクラとは ───

キャバクラとは、お酒を提供する飲食店でキャバ嬢と呼ばれる女性が客席に付いてお客さんの飲食を楽しませるお店です。
キャバクラという名前の語源はフランス語由来の「キャバレー」と、英語由来の「クラブ」を合わせたキャバレークラブを略してキャバクラとなったもので、キャバレーのような明朗な時間制料金で、クラブの高級感を合わせ持つお店という意味があります。

世の中の美女が集まるキャバクラ

キャバクラは、世の中の美女が集まる夜の店です。
夜の店と言うと気軽なところではスナック・パブから始まり、ガールズバー・キャバクラ・クラブ、エッチなものではランパブ・オッパブ・いちゃキャバ・セクキャバ・ピンサロ、そしてデリヘル・ソープなど色々な形のお店がありますが、その中では間違いなくキャバクラが一番美女が集まる店です。
なぜかと言うとキャバクラが一番女性のルックスを武器に、お客さんに擬似恋愛を楽しませたりキャバ嬢を口説かせる為の場所だからです。

キャバクラの歴史

キャバクラは1980年代半ばに現れた業態で「風俗営業等取締法」改正後の新たな業態として注目された業種で、1985年に東京・新宿に「Cats」というキャバクラがオープンしたのを皮切りに、都内では新宿、池袋、渋谷、赤羽、錦糸町、蒲田などに多くオープンするようになりました。
当初は「3回通えば店外デート」が世の男性へのセールスポイントであったキャバクラ。
料金が時間制という点がスナックや高級クラブと異なりますが、それでもキャバ嬢の可愛さ、素人っぽさ、口説き易さなどから長年人気となっている夜の店です。
そしてキャバクラ業界は成熟し、店舗数の飽和が見られた1990年代後半以降は都市部の繁華街以外に郊外へのキャバクラの出店も見られている。

キャバクラの風営法

キャバクラの法律上の位置づけとしては、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条の定める風俗営業のうち「接待飲食等営業」に分類される1号又は2号で都道府県公安委員会の許可を受けて営業する事となっています。
また、風営法第22条により18歳未満の者に客の接待をさせることはできません(接待業務に就かせなければ18歳未満の者を雇用することはできる)。
管轄は、多くの場合店舗の所在地を管轄する警察署の生活安全課。また、18歳未満の者を入店させてはなりません(風営法第18、22条)。

キャバクラの営業時間

キャバクラの営業時間に関しては、風営法13条により午前0時から日の出までの深夜は営業できないという制限を受けていますが、実際には「深夜系」と呼ばれるキャバクラは夜20:00や21:00頃から朝の4:00や5:00くらいまで営業していたりします。
キャバクラの営業には風俗営業の許可に加えて「食品衛生法」第51、52条、「食品衛生法施行令」第35条により店舗の所在する自治体の保健所に飲食店営業許可申請をし、都道府県知事の許可を得ることが必要です。

キャバ嬢とは

キャバクラでは接待をする女性従業員のことは一般的に「キャバクラ嬢」や「キャバ嬢」などと呼ばれ、クラブなどで呼ばれていた「ホステス」という言葉はあまり使われない。
店側からは「キャスト」と呼ばれる、同じく店側からお客さんのことは「ゲスト」と呼ぶ。
同じ女性従業員でも「キャスト」と違って接待をしない「エスコート」「ホール係」という役割の女性も店によっている場合もある。 キャバ嬢は接客の仕事は「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分でお酒を飲ませる」、そしてお客さんに「擬似恋愛を楽しませる」事などを求められます。
そしてお客さんとは基本マンツーマンで対応するので、キャバ嬢が他のお客さんからの指名などで席を外す時は、ヘルプと呼ばれる別のキャバ嬢が接客に付くことがある。
また、キャバ嬢は歩合率の高い給料システムで働いているので、勤務時間外でもお客さんとメールや電話で連絡をとって、お店に来させる努力が必要です。

キャバクラの男子従業員

キャバクラで働くキャバ嬢以外の従業員は、ホール、エスコート、キャッシャー、キッチン、バーテン、ヘアメイク、送迎ドライバー、フロント、スカウトなどがいて、主にこれらは男の仕事となっている。
そしてキッチンや送迎ドライバーなど専門技術職を除き、ホールの業務を全般行う男子従業員を「ボーイ」や「黒服」と呼ぶ。

キャバクラの料金システム

キャバクラのシステムはキャバ嬢がお客さんの隣に座り、接待して飲食を楽しませる事であり、性風俗店のように性的な愛撫などは禁止されています。
ハウスボトル(ブランデー・ウイスキー・焼酎等)という飲み放題なお酒があることが多い。
キャバクラの料金システムは時間制でのセット料金で、主に1セットは60分である。
他にキャストドリンク、お客さんのドリンク、ボトル、フードの飲食物や、キャバ嬢を来店時に指名する事、来店してから気になるキャバ嬢を指名する場内指名、キャバ嬢と外で遊んでからそのまま一緒に同伴する事などがあり、それぞれ料金が発生し、それらの合計料金に、テーブルチャージやタックスやサービス料が5%~20%程度かかった金額が、キャバクラで遊んでかかる料金だ。
また、セット料金の延長は自動で行われる店もあれば、セット終了時間ごとに聞いてもらえる店とがある。
キャバクラの料金システムには関わらないが、キャバクラの営業時間が終わった後にキャバ嬢と外に遊びに行くことをアフターと言う。

ページの先頭へ